あれから、9年・・・


こんばんは

2011年3月11日に起きました東日本大震災から、今年で9年になります。

この震災での、関連死を含め死者・行方不明者は、2万2167人と戦後最悪の自然災害といわれております。岩手・宮城・福島の東北3県を中心に襲った津波や東京電力福島第1原発事故で、今でも全国で4万7737人が避難生活を余儀なくされているそうです。

1日現在での、警察庁のまとめでは、死者が1万5899人、行方不明者が2529人。復興庁によりますと、震災関連死は2019年の9月30日現在で、1都9県で3739人に上るそうです。

震災直後は、推定47万人いた避難者は、2月10日現在で、4万7737人となったといわれておりますが、まだそれだけの数の方々がいたのを、皆さまは、ご存じだったでしょうか。
復興のインフラ整備が進み、仮設住宅にいた入居者は最大約31万6000人から約6000人に減少しました。一方で、高台などに造成した宅地は、約1万8000戸、自宅を失った被災者が入居する災害公営住宅(復興住宅)は、約3万戸がそれぞれに完成をし、住宅再建は今も進んでいるそうです。しかし、原発事故の影響で、福島県から県外に避難している人は3万914人に上っているのも事実です。


今年の政府主催の追悼式は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中止となりました。
この9年間は、長かったのか短かったのか。とちらでもないでしょう。

復興は、まだまだ途上中なのだと思います。



楽味家まるげん