ダルマさんが転ばない??

ギロっ・・・!?


こんばんは!(^^)!

うずわ屋のまるげんです。

本日も、先日のブログのような写真からスタート (ーー;)

さて、本日は↓↓↓↓



その名も、、、目鯛くん!!

見たままですが・・・大きな目に由来しているようです。
暗い深海び住むお魚の為に、目がこのように発達したとのこと。
また、真鯛に似た白身なので名付けられたいう説が、、、


ち・な・み・に、、、


スズキ目イボダイ科メダイ属の魚で、「鯛」と名に付きますが、鯛の仲間ではありません。そうです、先日すこ~しお勉強しました、何ちゃってのあやかり鯛の一種なのです。

ここでちょっと補足を、水深100~400㍍の底層に生息しており、稚魚のころは流れ藻について表層生活を送っております。成魚には模様はありませんが、稚魚には黒っぽい体に黄色がかった波状の模様があるのです。


そして、「せいじゅうろう」、ダルマ、「たいしょううお」などの地方名でも親しまれてもおります。

夏前の7月までが、伊豆半島沖から小笠原諸島にかけて漁獲盛期とされているのです。

さてさて、まるげんでは、


正解は





当たっていた方は、いらっしゃいますか??

それでは~~


RSS 2.0 Login