あと〇〇日かぁ、、、


こんばんは !(^^)!

東京2020オリンピック聖火リレーがスタートされ、数十日が経ちましたが、今月の25日に楽味家のあります伊東地区(スタート地点である伊東マリンタウンからゴール地点の野間自由幼稚園まで)でも実施されるとの事です。

ですので、本日のブログでは、オリンピックといえばの内容でお送りいたします。



まずは、楽味家でといえばの・・・



うずわのたたき
これさえあれば良し‼ほかの魚はもういらない⁉
お酒のお供にもあっつあつのご飯にのせてかきこむも
その正体は、、、


お次は、黒、、、



今では、コチラが主流の『黒はんぺん』
この黒はんぺんの原料は、サバやイワシとしており(だから色が黒い!?)、白はんぺんよりも魚のうまみがたっぷり濃厚で、魚丸ごと骨まで練りこんで作られているため、カルシウム・ミネラル・鉄分・ ビタミン・DHAやEPAなど栄養もたっぷり豊富に含まれたものなのです


三番手は、、、、



伝説の焼酎青酎(あおちゅう)
伊豆諸島の一番奥にある青ヶ島。人口わずか205人のこの島で幻の焼酎“青酎”が生まれたのです。芋のあまーい香りと口に含んだときのまろやかさは、他の焼酎ではたとえようがありません。個性的な「青酎」独特の芋の香りはは一瞬にして芋焼酎ファンを虜にしてしまうかもしれません。


つづきましては、??の、、、



そうです、青唐辛子
まるげんには無くならない薬味‼ここでひとつ、薬味には、生魚独特のくさみを消す役割があり、わさびやしそ、しょうがなど、風味のある食材が使われます。また、わさびには抗菌効果、しそには抗酸化作用があるなど、それぞれの薬効もあるそうです。


最後は、黄色で・・・



卵料理?肉料理?、それとも野菜??とん平焼き
卵を溶いた生地で豚バラやたくさんのキャベツ具材を包み焼き、ソースやマヨネーズをたっぷりかけて食べるとん平焼き。まさに、広島風お好み焼きの手抜き版!?的なお料理なのです。


いかかでしたか??

楽味家 五輪メニュー
(あっ、実際にはございませんので注文はなさらずに…)

それでは~~~


RSS 2.0 Login