暑いときこそ〇〇な飲み物を??

こんばんは!(^^)!

本日は、関東で今年はじめて30℃以上の真夏日なったそうですね。

さて、日本では昔からこんな言い伝えがあるのをご存知でしょうか。


「暑いときこそ熱い飲み物を」

そ・こ・で、

こんなお飲み物はいかがでしょうか。



熱燗


と、その前に・・・

太古の昔からの神事や婚礼など儀式に使う酒は「冷や」だったをご存知だったでしょうか。
そうなのです、酒とは本来、冷やで飲むものとされていたのです。
そこから、熱燗なるものが登場したのは、平安時代以降の事だとされているそうです。

当用漢字ではないと言う字はと言う字とと言う字を合成し、成り立ったものとか…
つまり、「ぬるからず熱からずの間」という微妙な温度を意味しているとのことです。
ちなみにこの温度は、俗にいう人肌の温度を指すそうです。

それを踏まえまして、、、


人肌燗(ひとはだかん)・・・35℃前後

ぬる燗  ・・・40℃前後

上燗(じょうかん)・・・45℃前後

となり、温度が上がるほどに酸味を感じづらく、甘みを感じやすくなったり、アルコールや香りの揮発は温かいほど強くなるそうです。さらに、


熱燗(あつかん)・・・50℃前後

飛切燗(とびきりかん)・・・55℃前後

かなりバランスがよい酒でも味の輪郭が崩れ、香りもアルコールもきつくなりすぎ、とくにヒレ酒、骨酒など、季節の風物詩的に楽しむ飲み方に適しているそうです。


一般的に、人間の舌は温度によって甘みや酸味の感じ方が違ってくるそうで、温度が低いほうが酸味を感じやすく、温度が上がると甘み(旨み)や辛味を感じやすくなるのです。

あなた好みの温度を探してみて下さい。ただし、、、

はじめに、「暑いときこそ熱い飲み物を」と言ったものの、飲み過ぎにはご注意を!!


ちなみに、飲み物ではありませんが、


99℃のお出汁をかけて食べる

うずわのまご茶漬け

もいかがでしょうか。


RSS 2.0 Login