一時間目は、「国語」!?


こんばんは!(^^)!

うずわ屋のまるげんです。

本日は、言葉のお勉強(◎_◎)

こんな言葉をご存知ですか??


“とどのつまり”


意味は・・・結局のところ。行き着くところ。多く、思わしくない結果に終わった場合に用いられる。言葉ですよね。

実は、この言葉は“とあるお魚”が関係しているのです!!それは、、、


『ボラ』くん。


このボラというお魚は、成長するにつれて名前を変える出世魚で、「ハク」⇒「オボコ(クチメ)」⇒「スバシリ」⇒「イナ」⇒「ボラ」といろいろな呼び名に変化していき、最終的にトドという名前になるのです。

色々な名前で呼ばれても、最終的には「トド」になることから、「トドの詰まり」で「結局のところ」を意味する「とどのつまり」という言葉が生まれたという説があるとのことです。


そして、このボラの名前の中で「イナ」という名前があるのですが、ここからもこんな言葉があるそうです。



いなせだね♪ 夏を連れて来た女(ひと)♪

もしかしたら、普段使われている言葉の中にも、お魚が関係しているものがあるかも、、、( *´艸`)

皆さまも探してみては??

それでは~~


RSS 2.0 Login