イカ(゛)忍法 〇〇の術!?


本日の主役『イカ』君でございます。


まずはじめに、イカのお勉強を・・・

イカ漢字ですると「烏賊」と書きます。
これは、イカが海面にのんびり浮かんでいると、烏(カラス)がイカが死んでいるものと思い、ついばもうとするとイカはその烏を素早く長い足でからめ取り、海中に引きずり込んで捕らえて食べてしまったという中国の言い伝えで、イカが烏にとって賊(ぞく)のようなもとしたことから「烏賊」という字が当てられるようになったそうです。

また、イカの栄養素には、、、
低脂肪、低カロリー、高タンパク質で、ダイエット中の人や肥満・糖尿病などにお悩みの人にはオススメなのです。また、豊富に含まれるタウリンは血中のコレステロールを下げ、中性脂肪を減らし、血圧を正常に保って、糖尿病を予防する効果があります。さらにイカ墨に含まれるリゾチームというアミノ酸の一種は、ガンに有効と言われています。イカの味そのものは比較的淡白なため、塩や醤油を多めに使いがちです。くれぐれも塩分の摂りすぎにはご注意を!!

さて、もう一枚写真をパシャリ、、、



ちなみに、まるげんにて登場するイカのメニューは塩辛以外にも、、、


“イカ丸ごと海賊焼き”
陶板の中はグツグツと、ゲソ~肝まで入っていて、その名の通りな一品でございます。


イケメンチではなくて…“イカメンチ”
サクサクとした衣、お肉にはないプリプリとした食感と玉ねぎの甘みがであります。


“真イカの三日干し“
スルメより柔らかく、でも旨味は凝縮されたお酒をとついつい注文してしまう人気の高い一品。
マヨネーズ + 自家製橙八味(+お醤油)との相性がイイです(^^)v


実は、まだまだ中華料理で定番の“アレ”やイカの足やとある部位を使った“アレ”にと、

何にでも、変身出来てしまう楽味家の「イカ」君。


煮るなり、焼くなり、好きにして(食べて)~


なんて声も聞こえてくるとかこないとか。。。

それでは~~~


RSS 2.0 Login