まるげんハイスクール ~一時間目~


キーンコーンカーンコーン~♪


さてさて、一時間目は『国語』です。

まるげんの商品ともにお勉強しましょう。まずは、、、


秋サバは嫁に食わすな:サバは秋には脂がのって大変美味しくなります。嫁に食わせるのは惜しい、勿体ないという、姑の根性を云ったもの。
“地のなめろう”
食べる前からお楽しみが、、、


いかさま(烏賊様・如何様):釣りは、餌をつけて釣るのがたて前ですが、イカの場合は疑似バリを使い、騙して釣ることから、人を騙す行為や詐欺など、またバクチなどで誤魔化す行為を「イカサマ」といいます。
“俺のいかメンチ”
お肉とは、違った食感に、、、


蝦(エビ)で鯛を釣る:安価なエビで高価な鯛を釣る。少しの負担や労力で大きな利益を得ることのたとえ。
“万歳エビの唐揚げ”
思わず、バ〇ザー〇としたくなる!?


鰯の頭も信心から:つまらないものでも、信仰の対象となれば有り難いと思われるようになるというたとえ。
“ジャーマンチーズいわし
あのパフォーマンスは必見??


ブリカマの塩焼き”
ブリは冬の魚、その頃の日本海は時化がつづく。十二月、鉛色の雲が厚く低く垂れて海と続き、雷鳴が轟く。また、この雷鳴を「鰤起こし」というそうです。


最後の「ブリカマ」につきましては、自分の好物のため、ちょっとひいき目の写真となっております(^^♪

二時間目もお楽しみに~(^^)/