木偏なら、つばき。魚偏で〇〇なら、、、


こんばんは!(^^)!
以前に、こちらのブログで魚偏の漢字について、書かせて頂きましたが、
本日は、魚偏に『春』と書きますと・・・



こちらは、『さわら』と読みます。

この字が使われるようになったのは近世になってからで、江戸時代のころには「狭(さ)腹(はら)」と書いていたそうです。これは、さわらの胴体が細く、お腹周りが狭いことからその名がつけられたのです。また、小さい腹と書いて「小腹(さわら)」と書くこともあるみたいです。


また、こちらのさわらは出世魚とも呼ばれており、関東では小さい方から順に、サゴシ・サコチ・サワラと、関西ではサゴシ・ヤナギ/ナギ・サワラと呼ばれております。
ちなみに、サゴシは、腰回りが狭いことから「狭腰(サゴシ)」という名がついたとのことです。


この鰆という、漢字を使われるようになったのは、春に産卵のため外界から瀬戸内海に入り込み、春に漁期を迎えることから「春を告げる魚」というのが字源になったそうです。


ち・な・みに、さわらは、サバ科の仲間なので、青魚なんですよ。サワラは冬の時期だけ雑食となり、サンマやイワシを餌とするためか、EPAやDHAが非常に多く、カラダにヘルシーなお魚なのです。







そもそも、鰆って一体どんなお魚??


(イメージ)


地域によって、旬とされる時期も分かれるそうなのですが、

現在、まるげんではお刺身としてご提供してます。

この機会に、いかでしょうか。。。