地魚と地〇で決まり!!

こんばんは!(^^)!

本日は、コチラをご紹介!!


楽味家にあります。

地酒

にございます。


まずは、



1872年(明治5年)創業の土井酒造場が醸す「開運」は掛川のお酒。創業当時、貧しい寒村だった地域の発展を願う気持ちが、「開運」という銘柄に込められています。
高天神城の湧水を使い、米の持ち味であるさわやかな風味を活かし、全体に清楚な香りと淡麗な口当たりの酒を醸しています。

続きまして、、、



大正元年(1912年)創業の神沢川(かんざわがわ)酒造の代表銘柄「正雪」は、「まるくて、かろやか。きれいなお酒」と評され、蔵の顔となっている逸品。食事の味を邪魔することなく引き立てるので、食中酒としてたのしみたいお酒でもあります。

ちなみに、正雪の読み方は分かりますか??(“まさゆき”ではございません)

さらに、、、



いずれも300年以上の歴史をもつ3つの蔵元が、昭和46年(1971)に合同設立したのが三和酒造です。その代表銘柄である「臥龍梅」。存在感のある華やかな香りと、口に含んだときの清涼感が特徴。なかでも純米吟醸は、米の旨味を感じさせながらも、量を飲んでも飲み飽きることがありません。

最後は、、、



こちらは、創業文化元年の高嶋酒造さんで造られたお酒。蔵の敷地内にあります地下150mから井戸水(湧き出る富士山の雪解け水)を仕込み水に使い、すべて手造り、しかも全製品において手間ひまのかかる蓋麹造りで丁寧に醸しています。富士山の地層に染み込み、100年以上かけてじっくりと濾過された湧き水は、柔らかな風味の軟水で、この水で仕込むと雑味が少なくまろやかな味わいのお酒が生まれまるのです。

この「白隠正宗 特別純米 誉富士」は、地元静岡県産の酒造好適米「誉富士」に静岡酵母、富士の雪解け水と、全て静岡県産の素材で造られた、まさに静岡の「地酒」‼



乾杯!!


あなた好みはありましたか。

それでは、