魔王よりも、魔人よりも、、、

クシャミをすると魔王が出てきます。


ランプをこすると魔人が出てきます。


そして、楽味家の黄金のやかん​からは、、、


熱々99℃のうずわ出汁が、、、



が、



なりまして、



はい、完成!!


『うずわのまご茶漬け』です。
んっ、まご茶??お茶の種類?出汁のお茶??
ではなくて、料理名のようなものです。

下味を付けた魚のタタキ(切り身の場合もあるらしいですが)に、だしやお茶をかけて食べるもので、元々は船の上で食された漁師料理だそうです。名前の由来は、まごまごせずに短時間で作って食べることが出来たからとか、まごまごしてるとおいしくなくなるからだとか、とてもおいしいのでお孫(まご)さんにも食べさせたいから等、幾つか説があるようです。


冬の寒い中でも、体を温めてくれますが、今日のような暑い日にうずわのまご茶漬け‼

うずわのたたきの“アレ”と99℃のお出汁で、おもいっきり汗をかいちゃって下さい。

ある意味で、こんな時期にもピッタリなお料理ですね★★★