38ページ目

今日は金目鯛だよ!

皆さん、こんにちは。
まるお君です。

本日は、伊東魚市場で地金目鯛を買い付けたのでパシャリ!
見てね。


金目鯛に貼ってある札は、まるたかの買い付け札だよ。
伊東の魚市場で魚を買い付けた時にペタッ!て貼るやつ。
丸に高で【まるたか】って意味。
(そのまんまや!)


ここで、ちょっとだけまるたかの金目鯛のメニューをご紹介!












まるたかの金目鯛のメニューは、刺身と煮付けの2種類です。
定食でも食べれますよ。
少しだけ写真載せちゃいますね。


これは炙り金目刺しだよ!
お客様のテーブル(目の前)で炙るんです!!
皮目を炙った時の・・音と香りが楽しめちゃいます。


炙る道具は・・これ!
(とっても便利です!是非ご家庭に一台!!)


締めくくりに
金目鯛の煮付けを載せて本日の報告は終了!!


レッツチャレンジ!!
地金目鯛!!
楽しみ100点満点!?だと思います。
(まるおの勝手な点数です。)


コメント沢山もらったよ!

皆さま、こんばんは!!
まるお君です。

本日は、皆さまから頂いたコメントの紹介をいたします!
どんなコメントが寄せられているのかな・・・・?
楽しみでしょ!!

それでは早速紹介していきますね。


この可愛いコメントを書いてくれるお客様は・・・
まるおも知ってるよ!

とっても仲良し家族さん!


見慣れない文字は・・・・
たぶん???韓国語かな?
まるお韓国大好き!!!


うずわって本当に美味しい魚です!
まるおも大好きです!!
三食・・いやいや毎日うずわでも・・・問題ないくらい好き!
青唐辛子が最高!なんだよね。

そして、そして、・・・
これが最後のコメントなんですが、


可愛い女の子・・・
小学生位の女の子かな???


最後はやっぱりうずわのコメントで!











レッツチャレンジ!
まるたかの
うすわ!!

本当にサイコー!!
です!
まるおも絶対おすすめしちゃう!


湯の花通りのイベント情報だよ!

皆さんこんにちは!
まるお君です。

本日のお題はこちら・・・・
スクラッチ!イベントのお話です。!

伊東市にある湯の花通りは沢山のお土産屋さんが並ぶ
商店街になっていて、そこに私が働いているまるたかもあるのですが、
今、ここでイベントを開催しているんだよ!


そのイベントとは??
スクラッチだよ!











このスクラッチは、お店で利用した料金1000円ごとに1枚もらえて
100円券と1000円券どちらかが当たります!
もちろん、はずれもあるよ!

まるたかはもちろんこのイベントに参加していて、
今回、ご来店されるお客様のためにスクラッチを沢山用意しました!!


これはほんの一部です。











当たれば、その場で金券として使用できるし、
期間内であれば、このイベントに参加しているお店どこででも
使えるという・・・・
とってもとってもお得なイベントなんです。

イベント終了までには、まだまだたっぷりと
日にちがありますので、
伊東にお越しの際には・・・
当てる気もりもりで・・・・
削ってみてください!!!

レッツチャレンジ!
湯の花スクラッチ!

まるお君からのお得な情報でした。


もうすぐ食べれなくなる?


皆さんこんにちは。
まるおです。

本日のお話は・・・・海鼠のお話をしてみたいと思います。

漢字で書くと
海鼠と書くそうです。
海のネズミと直訳できますね。

これは、夜の海底を盛んに動き回り、ネズミの後ろ姿に
なまこの形が似ていることから当てられた漢字だそうですよ。
皆さま知っていましたか?

なまこの旬としては、寒い時期1月~3月頃で
伊東の魚市場にもこの時期並んでおります。

まるたかでは、お客様に伊東産のなまこを提供するときは、
なまこ酢にして提供してます。


まるたかでは伊東で獲れたなまこに、伊東で獲れた橙を使って
なまこ酢を作っているので、まさに伊東の味!!


こんななまこ酢が食べられるのもあと数週間!!
今を逃すと、また来年までなまこは食べられないんです!

もちろん、好き嫌いはあるんですけど・・・・・
普段は食べないような料理を
せっかく伊東に来たのなら味わって帰るのも
旅の思い出になるのでは?と

まるをは思います。
レッツチャレンジ!!

まるたかの【なまこ酢】!!


今日は・・・鯖ハムの日??

皆さま、こんにちは。
まるお君です。

本日はランチの時間から・・ディナーまで
この地鯖の生ハムが大好評!!でした。


この・・・こげ茶色に輝く鯖!!
この鯖をスライスしていくと・・・・
地鯖の生ハムになるんです!



まるたか自家製特殊メニューの地鯖の生ハムは
この八海山の酒粕が無ければ、作ることが出来ない料理です。
八海山の酒粕で漬け込んで熟成させています!


八海山が生まれる新潟県・・・
ここは魚沼の里!
八海山の酒かすももちろんこの里から・・・












伊東魚市場で水揚げされた『鯖』を使い!
新潟で生まれた八海山の酒粕を使い!
ようやく完成するこの
『地鯖の生ハム』!!

この地鯖の生ハムを食べていると、八海山の風味が・・・
自然と八海山を飲みたくなってしまう!のは
まるおだけでしょうか???














地鯖の生ハムをご注文されていた
お客様は八海山を飲まれませんでしたが、

これは!日本酒だね!
飲みて~~・・・!
こんな感想を漏らしていましたよ!

皆さまが、この地鯖の生ハムを食べたら
何を飲みたくなるのかな??
知りたい!!知りたい!!
教えて!

まるお


RSS 2.0 Login